月別: 2021年1月

  • blog

    交通事故専門サイト

    開設準備中です。完成したら、またご案内します。下記をクリックいただけると、まだまだですが、のぞけるようです(^_^)v https://kawanishiikeda-law-jiko.com/ 交通事故の相談は、村上新村 […]

    2021.01.30

  • blog

    相続欠格①遺言書を破棄・隠匿した場合の判例

      相続欠格とは   相続欠格とは「相続人となることができない」場合です。該当すれば何ら手続を要せず、相続人でなくなります。欠格事由が明らかにならないまま、遺産分割がされた場合には、 返還しなければなりません。 […]

    2021.01.28

  • blog

    遺言能力③医師の診断書と公正証書遺言の問題点

      実際、遺言能力を問題として遺言無効確認の訴えが提起されることは多く、それに関する判例も多くあります。そこで、遺言無効とされる可能性がある場合、この点に関する争いを避けるため、遺言をつくる際の注意点として、① […]

    2021.01.25

  • blog

    遺言能力②認知症と遺言無効に関する裁判例

    遺言能力の有無は、①遺言時における遺言者の精神上の障害の存否・内容・程度、②遺言内容それ自体の複雑性、③遺言の動機・理由、遺言者と相続人又は受遺者との人的関係・交際状況、遺言に至る経緯等により、判断されます。 &nbsp […]

    2021.01.21

  • blog

    遺言能力①基礎知識

    遺言には判断能力=意思能力が必要 例えば、判断能力(法的には「意思能力」乃至は「事理弁識能力」と表現されます。)を欠く常況(7条)にある者が後見開始の審判を受けると、その者は成年被後見人として、その法律行為を取り消すこと […]

    2021.01.19

  • blog

    相続放棄④錯誤取消できるか

    相続放棄の撤回はできません(民法919条)が、錯誤取消(民法95条)はできるでしょうか。この点、最高裁は「相続放棄は家庭裁判所がその申述を受理することによりその効力を生ずるものであるが、その性質は私法上の財産上の法律行為 […]

    2021.01.18

  • blog

    相続放棄③できなくなる場合・単純承認

       相続財産を勝手に処分した場合は単純承認をしたものとみなされ、相続放棄できなくなります(処分は相続放棄をする前後を問いません、921条1号)。ただ、相続人は、相続財産を「管理」も「保存行為」をすることも出来 […]

    2021.01.15

  • blog

    相続放棄②熟慮期間の開始時を遅らせることができるか

    相続放棄は、自己のために相続の開始があったことを知った時から3ヶ月以内(熟慮期間)にしなければなりません。ところが、熟慮期間には相続財産がないと信じ何もしないでいたところ、熟慮期間経過後に債権者から請求を受ける等して多額 […]

    2021.01.14

  • blog

    相続放棄①期間の計算は何時からか

      熟慮期間の始期   相続放棄とは、自己のために開始した相続の効果を、確定的に消滅させる意思表示です。「相続人は、自己のために相続の開始があったことを知った時から三箇月以内に、相続について、単純若し […]

    2021.01.13

  • blog

    経営相談

    弁護士といえば、裁判ばかりしていると思われがちですが、仕事のすそ野は意外と広いです。 村上新村法律事務所では、専門他士業と連携しながら、弁護士ならではの様々な法的サービスを提供しており、経営相談もその1つです。 税理士さ […]

    2021.01.12

お問合せ

Contact

ご予約・お問合せはお気軽に

川西池田オフィス
Kawanishi Ikeda
pagetop